事務所紹介

会長挨拶

48年の感謝と新たな船出への誓い

 1971年4月、松本市中央(現:信濃毎日松本本社地)に望月税務会計事務所は誕生いたしました。私と妻、女性事務員の3名からのスタートでした。
 幸運だったのは開業3年目にTKC創業者の飯塚毅先生に巡り合えたことでした。
 飯塚先生から学んだ「租税正義」「自利利他」「担雪埋井」の考え方が現在の基礎となっております。
 また私自身の経営方針は、「中小企業の悩みは税金だけではない、企業を取り巻く「人」「物」「金」「情報」の、あらゆる相談に応じられる総合事務所となること」でした。
 以来、「中小企業の総合支援」を旗印としてワンストップ型事務所を目指してやってまいりました。また、業務品質の向上と一定化を図るため、2002年にISO9001(品質マネージメントシステム)を取得し業務改善に努力してまいりました。
おかげさまで多くの皆様のご支援をいただき、現在ではグループ8社、60名のスタッフを擁するコンサル集団に成長させていただきました。
 ここまでご支援、ご協力を賜りました関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

 さて、この度、長野市の長野G0DO税理士法人(星野直信代表)と合併することとなりました。星野代表も私と同様にTKC理念の実践者であり現在もTKCの主たる役員として若い税理士の指導をしています。
 北信と中信地区に営業拠点を設けることにより、より広域的な総合サービス提供が可能となります。

 今回の合併・商号変更を機に、当グループの品質スローガン「お客様から信頼と感謝と満足をしていただける事務所となろう」を合言葉に中小企業の総合支援グループを目指して邁進することをお誓い申し上げます。
なにとぞ、今後とも変わらぬご支援をお願いいたします。

以上

沿革(松本事務所)

1971年 望月税務会計事務所 開業
1973年 TKC全国会 入会
1979年 事務所新築移転
1994年 事務所増築
2000年 ISO9001取得
2002年 税理士法人望月会計 設立

2018年 税理士法人のぞみ に商号変更


事務所外観(松本事務所)

イメージ画像